関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

オール電化ってお得なの?

オール電化に対応している賃貸住宅に人気が高まっています。
電力会社の契約にもよりますが、深夜電力の利用で電気代が節約できます。
一人暮らしの方で、昼間は学校や会社で、部屋にいるのはほとんど夜という場合は結構お得になるケースが多いんです。
そこで、オール電化のメリットとデメリットをちょっとまとめてみました。


オール電化住宅とは?


オール電化住宅は冷暖房、給湯、調理など住宅内で使用するすべてのエネルギーを電力に統一した住宅を指します。全電化住宅とも呼ばれ、ガスを使用するお風呂の給湯やキッチンのコンロなどが電力で使用できるようになるんです。
つまり、ガスを使わないのでガス代がかかりません。


オール電化のメリットは?


■安全性が高いオール電化 ガスを使用するガスコンロは調理中に衣類に着火したり、吹きこぼれによってガス漏れが発生する危険があります。
オール電化のキッチンで使用するIHクッキングヒーターは火を使わないため、ガスコンロよりも安全性が高いです。
ただし、IHクッキングヒーターも熱を発するため、火傷などには注意が必要です。


■室内の空気が汚れない
ガスを使用すると二酸化炭素が発生し、室内の空気が汚れてしまいますが、オール電化はガスを使わないため、室内の空気が汚れません。ガス漏れの危険もないので、一酸化炭素中毒になる心配もありません。


光熱費■ガスの基本料金が節約できる
電気とガスを併用するとそれぞれ基本料金がかかりますが、オール電化住宅では電気しか使いません。ガスの基本料金が不要なので、光熱費の節約になります。


■調理器具のお手入れがしやすい
ガスコンロは五徳(真ん中の鉄の部分)や汁受け皿があるので掃除がしにくいですよね。IHクッキングヒーターは表面がフラットなので、ガスコンロよりも断然お手入れがしやすいです。布巾でさっと拭くだけで綺麗にできるので、調理器具の掃除が楽になります。


■貯湯タンクの水を震災時の生活用水に使用できる

エコキュートや温水器にはお湯や水を貯めておく貯湯タンクがありますので、震災時に水道がストップしてしまっても、貯湯タンクの中に貯まっている水を生活用水に使用することができます。飲用水としては使用することはできませんが、手洗いやトイレ、入浴用に使用することができるので、水道が復旧までの間に貯湯タンクの水が使えるのはとても助かります。


オール電化のデメリットは?


■使える調理器具が限られている

IHクッキングヒーターはIH用の調理器具しか使用できないので、調理器具の選択肢が少なくなってしまいます。


■停電すると何も使えなくなる

住宅内のすべてのエネルギーを電力でまかなっているため、停電すると何もできなくなります。
でも、ほとんどのガス給湯器は電気を使用しているので、電気とガスを併用している場合でも同じことがいえるかもしれませんね。



オール電化にはメリットもデメリットもあるわけですが、住む人のライフスタイルにもよるので、一概には言えない点もあると思います。
お得かどうかも大切ですが、安全性が高く空気の汚れがないことは大きなメリットですよね。

アザミグループには三重県にオール電化マンションがありますので、是非お問い合わせください。

グランドハイツアザミ