関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

マンション選びのポイント!

マンションマンションを選ぶ際の重要なポイントとなる「立地」。資産価値はもちろんのこと、日々の生活にも大きな影響を及ぼします。マンションを買うということは、その立地や周辺環境も一緒に買うということですから、住んでから後悔しないよう、事前にしっかりと確認しておきたいものです。

Point1 立地条件の優先順位を整理する

駅の近くに住みたい、周辺に緑が多く安心して子育てができる地域に住みたいなど、立地に関するニーズは人それぞれです。シングル、ディンクス、ファミリー、シルバーなど、ライフステージによっても求める条件は変わってきます。

そこで、まずはご自分のライフステージ、ご家族全員のライフスタイルを考えながら、希望の立地条件をリストアップすることからはじめましょう。通勤時間が長い、足が悪いのに病院が遠いなど、現在の暮らしの中で不満に感じている点を考えてみることもよいヒントになるかもしれません。

立地条件で考えたいポイント例
最寄り駅までの時間
自宅から通勤・通学にかかる時間
自宅周辺に必要な施設(学校、病院、スーパー)

リストができたら、各項目に譲れない条件、妥協できる条件と、優先順位を付けながら整理していきましょう。こうすることで候補となるエリアを絞ることができ、物件が見つかりやすくなります。候補となるエリアや物件が見つかったら、実際に現地におもむいて、自分の目と足で現状を確認してみましょう。

Point2 生活の利便性をチェック

商業施設その土地で不便なく暮らせるか、生活の利便性については事前にしっかりと確認しておきたいポイントです。
学校、病院、銀行、スーパー、コンビニなど、日常生活に欠かせない施設は、なるべくマンションの近くや最寄り駅周辺にそろっていた方が生活が楽になるのではないでしょうか。家族構成やライフスタイルを考えながら、暮らしに必要な設備の有無を確認しておきましょう。
一方で、利便性の高い地域は多くの人が集まるため、住環境面にやや難があるケースもありますので、住環境を重視する方は、このことも念頭に置いておきましょう。

商業施設

スーパーやコンビニ、ドラッグストア、ファミリーレストランなど日常生活に必要な商業施設が身近にあると便利です。自宅からの距離、店舗の規模、取扱商品、価格水準、営業時間などを確認しましょう。

公共施設

市役所、区役所、銀行、郵便局、警察、消防など、公共施設がエリア内にそろっているか、自宅からの距離などを確認しておきましょう。

教育施設

お子さまがいる場合、特に確認しておきたいのが保育園、幼稚園、小中学校などの教育施設です。通いやすさ、学区、小さなお子さまがいる場合は待機児童についても確認しておきましょう。

Point3 交通の利便性をチェック

通勤徒歩経路、所要時間、バスを利用する場合はバスの本数、始発、終バスの時間までチェックしておきましょう。

最寄り駅までの交通手段

スーパーやコンビニ、ドラッグストア、ファミリーレストランなど日常生活に必要な商業施設が身近にあると便利です。自宅からの距離、店舗の規模、取扱商品、価格水準、営業時間などを確認しましょう。

鉄道関係

乗り入れ路線、会社の最寄り駅までの所要時間、主要ターミナル駅までの所要時間、発着頻度、始発、終電の時間、運賃などを確認しておきましょう。

道路状況

マンションの近隣を走る道路について、道幅、交通量を調べておきましょう。

Point4 周辺環境をチェック

公園マンションの周辺の環境も見逃せないチェックポイントです。周辺環境は実際に現地におもむいて周辺を歩いて確認してみましょう。休日だけでなく、平日や夜にも様子を見に行けるとベストです。

治安

マンション周辺の治安の状況、周辺で起きているトラブルなどがないかどうか事前に調べましょう。

嫌悪施設について

騒音や臭気の原因になりやすいゴミ処理場や娯楽施設など嫌悪施設と呼ばれる施設についても少し考えてみましょう。あらかじめその存在を知り、納得できていれば大きな問題にもなりにくいものです。自分が気になりそうな施設がないかどうかを確認しておきましょう。

土地の将来性

長く住む場所だからこそ、将来の周辺環境の変化についても確認しておきたいものです。マンション周辺の都市計画や用途地域などを確認しておきましょう。用途地域は、土地の用途に応じて建物の規模や高さなどが制限するもので、法的な拘束力がありますので、将来の変化を予測する目安になります。住居系の用途地域であれば、規制が厳しいため大幅に環境が悪化する心配は少ないといえます。

Point5 地域のサービスをチェック

介護支援自治体によって受けられるサービスが異なるため、子育て中のご家族は子育て支援が充実した地域、シルバー世代は介護支援がある地域などを選ぶのもおすすめです。

公共料金も地域によって大きな差があります。例えば、水道料金の場合、近隣のエリア同士でも月額で1,000円以上違うケースも珍しくありません。同じ自治体内でも、場所によって公共料金に違いがある場合もありますので、事前によく確認しておきましょう。

自治体のサービスは、各自治体へ直接問い合わせる他に、各自治体のホームページなどで確認することができます。また、サービスや公共料金を比較できる情報サイトなどもあります。サービスの充実度は自治体の財政状況に左右されるため、財政状況についてもしっかりと確認しておきましょう。

実際に住んだ後に環境が合わないとなっても、購入後はなかなか住み替えができません。立地について、購入前にしっかりと考えておくことが大切ですね。