関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

空室対策のポイントをお教えします!

空室に困っているけど、空室から満室にするにはどうしたらいいかわからない。
築年数が古い物件だけど入居者が決まる?
そんなお悩みを解決します。


Point1 現状の把握し、空室になる原因を考える。
photo01
現状の間取りや和室中心になってないなど・・・
シャワーがない、バスタブは小さい、バランス釜のままなど・・・
周辺家賃の相場を知らない
外観が汚い、暗い
などマイナスポイントは正直あまり誰も言ってはくれません。だからあえて自分でそこを見つけ出さなくてはいけません。
デメリットを理解することで、メリットも必ず見えていきます。


Point2 仲介業者のお気に入り物件にする。
photo02これはかなりハードルが高いです。なぜなら各管理会社や仲介業者さまはそれぞれに自社の管理物件がありますのでますはそこに力を注ぎます。
これは仕方のないことですが、突破口は必ずあります。
当社が考えるポイントはイメージを変えることが最重要です。これは何かというと昔から特に築20年から30年ぐらいの物件だと賃貸仲介会社からするとマンションに対するイメージがすでにあります。プラスのイメージならまだしも、マイナスイメージがついている物件ならいくら相場より安くても案内すら行ってもらえない状況になります。これは悲惨です。なので賃貸仲介業者さまが思うイメージを一新するような外観や部屋を1部屋・1箇所でも作ることでイメージが変わります。
イメージが変われば、案内をしてくれるようになります。


Point3 入居者のニーズを考える。
photo03こちらもどんな入居者をターゲットにするかが問題ですが、入居者のニーズが多様化してきています。
ですので、今まで以上に普通のリフォームの部屋はあきられてしまいます。
一度に数件、部屋を見る入居者にとって当たり障りのない部屋はまったく印象に残りません。
冒険したくない気持ちはわかりますがどこかにインパクトを与えるような、メリハリの付いた部屋が必要になってくると考えます。




🌏空室対策のポイント

06-6561-1101