関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

不動産会社の選び方 ― 大手と地域密着型どっちがいい? ―

部屋を探す際に、地域とか間取とか、予算とかいろいろ悩むと思いますが、それと同様に“不動産会社選び”に悩んだことはないですか?今回は賃貸での不動産会社を選ぶ際の大手不動産会社と地域密着型不動産会社についてです。

不動産会社まず、大手不動産会社の特徴ですが、メリットとしては、取り扱う物件数が多いことがあげられます。新着物件に出会える機会が増えたり、条件に合う物件を見つけやすかったりすることが多いと思います。また、支店も多く、広範囲に渡って物件を見つけやすくなります。
仲介手数料などの初期費用をクレジットカードで支払えたり、分割支払いに対応している場合もあります。さらに、この仲介手数料にTポイントなどのポイントがついたり、プレゼントキャンペーンを行っていることもあります。

逆にデメリットとしては、大手不動産会社のスタッフには厳しいノルマが設定されていることも多いので、契約を取るために少々強引な営業になってしまう可能性もあります。本来、自分の希望している条件と違った物件を勧めることもあるかもしれません。
注意したいポイントのひとつでしょう。

不動産会社地域密着型の不動産会社のメリットとは、家賃の値下げ交渉がとても有利に働く場合があることです。地域密着型の不動産会社の多くはその街に昔からあることが多いので、部屋を貸し出している大家と長い付き合いがあることもよくあります。そういった場合、家主さんの特徴を理解している分、家賃交渉がしやすくなる可能性があります。
また、大手ではあまり取り扱っていない物件や、その不動産会社でしか取り扱っていない物件を紹介してもらえる可能性もあります。
家主さんによっては
「ウチはいつも○○不動産にお願いしているんです。他は一切。」
なんてこともあるので、意外と掘り出し物件と出会える可能性もあります。

デメリットででいえば、取り扱う物件数が大手不動産会社よりは、やはり少なくなります。

ちなみに当社(アザミグループ)の場合ですが、どちらかといえば地域密着型といえると思いますが、ちょっと違うのは、単なる不動産屋ではなく、不動産管理業者であり家主でもあるということなんです。幅広く業界に精通しているので、幅広いネットワークがあり、また、家主でもあるので、仲介手数料や敷金・礼金が必要のない物件だったり、間取りを2LDKか、3DKかを選べる、つまり間取りの変更に対応できる物件があったりします。

いずれにせよ、親身になってくれる不動産会社がいいのは言うまでもありませんね。
まずは、不動産会社に行って、担当者とフィーリングが合うかどうかを確かめてみるのが一番かもしれません。

🌏アザミグループ

06-6696-6207