関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

静電気対策

静電気今の時期悩まされることが多いのが「静電気」。車のドアノブなんかもそうですが、部屋の中でも“バチッ”となることもありますよね。



先日、スマホのホームボタンで“バチッ”ときたことがありました。
えぇっ!?こんなところで静電気?とビックリしました。



静電気が起こる原因はやっぱり「乾燥」なんですよね。
冬は乾燥しやすい季節なのに加えて、部屋ではほとんど暖房をつけていますから、さらに乾燥してしまいます。



湿度が高ければ空気中の水分が電気を通してくれるので、静電気は起こらないのですが、乾燥していると、生じた静電気の行き場がなくなって、「バチッ」となるようです。

湿度を上げるのに「加湿器」があると便利ですよね。
ところで、雪国の方がこの記事をご覧になっていたらゴメンナサイ。
雪国でこの「加湿器」なるものは存在しません。
実は私も雪国生まれの雪国育ちだったんですが、その当時、冬場に活躍していたのは「除湿機」でした。部屋などで暖房が効いているときはいいのですが、暖房を切ったとたん、ジメジメしてくるんですよね。ひどいときは壁紙が剥がれてきたり、シミがついたり・・・。



話がそれましたが、静電気についてです。(雪国の方は再びゴメンナサイ。)
静電気を防止するのに「加湿器」があると…といいましたが、お金をかけずに湿度を上げるためにちょっとした工夫を良いです。
たとえば・・・
水に濡らしたタオルをハンガーにかけておく
水を入れたコップなどを机やテーブルに置いておく
これなら、手軽でお金もかかりませんよね。



アロマデフューザーちなみにアザミグループの空堀ダウンタウン(シェアオフィスシェアハウス)では、共有廊下にアロマデフューザーを置いてます。今のところ、ドアノブで“バチッ”ときたことはないようです。


部屋の中で起こる静電気を少しでも防いで、乗り切りたいものです。