関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄筋鉄骨コンクリート造、どう違うの?

賃貸サイトや不動産資料の「構造欄」を見ると“鉄骨造”とか“RC造”とか、よくわからない単語が出てきますよね。“木造”ならわかるんですけど、どう違うのでしょうか?
ちょっとまとめてみました。

■W造(Wood)=木造
主な構造部分に木材を用いてつくられた物件ということです。
日本の気候や風土にマッチしているといわれています。

<メリット>
・木は、室内の空気が乾燥する冬、蓄えられていた水分を空気中に放出し湿度を保つ効果があり、通気性にも優れているため、四季があり湿潤な日本の気候風土にマッチしています。

<デメリット>
S造・遮音性が低い。
・冷暖房が効きにくい。
・耐火性が低い。

■S造(Steel)=鉄骨造
柱や梁など骨組に鉄骨を使用した構造のことです。木造の柱がそのまま鉄になったものをイメージするとわかりやすいと思います。

■RC造(Reinforced Concrete)=鉄筋コンクリート造
RC造“Reinforced Concrete”を直訳すると「補強されたコンクリート」です。主に柱や梁、床・壁が鉄筋とコンクリートで構成されていて、鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで固めたものです。

<メリット>
・耐火性が高い。
・耐久性が高い。
・遮音能力が高い。

<デメリット>
・建築コストだけでなく解体費用も高めなので、W造やS造に比べ一般的に家賃が高い。
・後述するSRC造に比べるとやや揺れに弱い。

■SRC造(Steel Reinforced Concrete)=鉄筋鉄骨コンクリート造
SRC造鉄骨の柱の周りに鉄筋を組み、コンクリートを打ち込んで施工した物件のことです。

<メリット>
・あらゆる構造の中で最も耐震性、耐火性に優れているといえます。

<デメリット>
・物件構造の中でもっとも家賃が高くなります。

■RS造(Reinforced Steel)=混合構造
建物の下位部分にある柱や壁、床、天井などをRC造でつくり、上部をS造など下位部分とは異なる構造で構成する建物構造です。
上層階と下層階で遮音性に違いが出ることがあります。

■WRC造(Wall Reinforced Concrete)=壁式鉄筋コンクリート構造
柱と梁を使わず、床や天井の面だけで建物を支える構造です。
柱や梁が室内に出ないので、結果的に室内を広々使えるメリットがあり、壁の強度が高いので遮音性も高いです。

構造 コスパ 物件数 遮音性 耐震性 耐火性
木造 × × ×
S造 ×
RC造
SRC造

ちょっと意識して物件紹介ページを見てみませんか?

🌏アザミグループお勧め物件

06-6561-1101