関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

マンションで冬を暖かく過ごす

寒いマンション
今日から11月になりましたね。
ちょっと前まであんなに暖かったのに、いきなり冬が来た気がします。
でも、毎年のことなんですけどね。

外は寒いから室内で…と思ってしまうのですが、マンションで、暖房をしても部屋が暖まらない・・。マンションの場合、マンションの構造によっては、断熱性能が低い場合があります。寒い冬の室内、マンションだからといって、あきらめていませんか?
マンションでも、冬を暖かく快適に過ごしたいものです。そのためには、開口部の「断熱性能」を向上させることが重要となってきます!
断熱性能の高いマンションでなくても工夫次第で暖かく過ごしましょう。


外の寒さをシャットアウトする決め手は窓


家の熱を逃さないためには、まずは窓や玄関まわりから入ってくる空気をシャットアウトし、暖かい空気を逃さない工夫をすることで寒さは和らぎます。

窓に断熱シートを貼る
手軽にできる対策として、窓ガラスに直接断熱シートを貼り、熱が逃げるのを軽減する方法があります。
家の外と中の温度差が激しいと結露が発生しがちですが、それを予防する機能を持つシートもありますよ。ホームセンターなどでも取り扱いがありますから、一度試してみてくださいね。

カーテンを厚手のものに取り替える
カーテンを厚手のもの、保温性の高い素材に変えるだけでも、体感温度は変わってきます。
取り替えるのは手間のかかることですが、まだ試したことのない方は、リビングなど一部だけでも冬用の素材に変えてみてはいかがでしょうか。
冷気は特に窓枠の部分から入ってくるので、カーテンは床下まで長さのあるものがよいでしょう。

窓をリフォームする
近年の家づくりにおいては、「次世代省エネ基準」に従いペアガラス、トリプルガラスなど断熱性、気密性に優れた複層ガラスが一般的になってきていますが、基準が施行された1999年3月より前に建てられた家の窓は複層ガラスが対応されていないケースが多いので、リフォームも1つの方法として検討してみてはいかがでしょうか。

 


アザミグル-プ

06-6696-6207