関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

三重大学生必見!! 一人暮らし生活でよくあるストレスとその原因とその対策とは??

anxiety-2019928_640

「来年度から大学周辺で一人暮らしすることになった!楽しみな反面、どんな生活になるのだろう?」

「新学期から一人暮らしが決まったけど、実家暮らしよりもストレスは減るだろう。」

 

新年度、新学期は進学や進級のタイミングで一人暮らしを始める学生の方は多いですよね。

一人暮らし生活は今までの実家暮らしよりも自由にな時間も増え、新しい経験もできることでしょう。しかしその反面リスクもあります。一人で住むことによって自立した生活を送ることになるのでストレスを感じる瞬間もあるかと思われます。

一人暮らしのストレスの原因って一体なんなのでしょうか?

もちろん学生の生活によって感じるストレスはそれぞれです。しかし元をたどればそのストレスのパターンは近いこともあります。

今回はそんな一人暮らし生活で感じるストレスの原因との対処法についてお伝えしていきます。この記事を通じてもし一人暮らしのみなさんが生活の中でストレスを感じた際に参考にしていただけると幸いです。

 

ストレスの原因

the-eruption-2004125_640

ひとり暮らしの大学生活、たくさんの新しい経験をすることになるでしょうが、その反面ストレスに感じることもあるかと思います。下記はそんなストレスの原因となるパターンをご紹介しています。

 

・人間関係

一人暮らしや実家暮らしに関わらず、大学性にもなると、人との付き合いの規模が広がりますよね。クラスメート、サークル、アルバイト、インターンシップ、学生団体。

どれだけ大変な授業でも気の合うクラスメートと一緒にすることで乗り越えることもできるかもしれません。一緒に頑張れる仲間がいればインターンシップで新しいことに挑戦できるでしょう。それ以外にも失恋なども挙げられますよね。

そういった周りの人たちとの関係がうまくいかなくなるとストレスを感じてしまうのは必然的です。

 

・不安

これも一人暮らしと実家暮らし問わず言えることかもしれません。大学生は様々なことが不安要因になります。この不安感がストレスの原因になるのではないでしょうか。例えば進級、成績などの来年度の自分に対する不安。他にも、最高学年の学生の方は就活や就職、または将来や人生に対して不安を抱いてしまうこともあるかと思います。

学年が上がるごとに自分について考える時が増えるかと思われます。そういったことを考えている際に、今の自分が理想と離れていたら激しく不安になりますよね。これは多くの学生が考えることで、たくさんの人がストレスに感じるでしょう。

 

・騒音

上記ストレス原因とは異なる種類ですが、ひとり暮らし生活で騒音にストレスを感じることは多いようです。

隣、斜め、上の部屋からの音は伝わりやすいです。友人が集まって話す声や大音量の音楽など、騒音の種類にも違いはあります。例えば隣でカップルやサークル仲間等が集まって騒いでいる、、など、集中したい時に沢がれるとストレスに感じてしまいますね。

また、逆に自分がしてしまわないようにすることも大事ではありますね。

 

・体調

学生の健康管理がおろそかになってしまい、ストレスを溜め込んでしまうこともよくあります。例えば今まで実家暮らしで自炊経験があまりない学生はついつち外食、コンビニ弁当、やジャンクフードのような簡単な食事中心になってしまいがちです。こういった食生活を続けることによって十分な野菜など栄養が摂取されず、体調がすぐれない等の健康状態も悪化してしまうでしょう。

また、食生活以外にも大学生は自由な時間が多いことから、アルバイトや休日、学業などで夜型の生活に陥りやすく、生活リズムが崩れてしまうことも良くあるかと思われます。

そういった生活が続いてしまうと、自律神経のバランスが悪くなっててしまい、ストレスを貯める原因になってしまいます。

 

・孤独

上記で申し上げている通り、ひとり暮らしはたくさんの人と関わることになります。
ですが、そういった環境は積極的に行動していくことにより得られる環境です。つまり、サークル、アルバイト、インターンシップなど、能動的に動いていくことで新しい人と関われるということですね。やはりそういった環境にいない限りは一人で時間を過ごすことになります。
逆に新しい環境になれるまではホームシックに感じることもあるかもしれません。

ストレス対処法

board-1521348_640

・睡眠

平日は授業やアルバイトで思うように寝る時間を確保できない方も多いかと思われます。

なので特に休日はしっかり睡眠時間を取る時間を確保することが大事ですよね。

次の週のためにしっかり休んで、また新しい1週間を始めることは切り替えにもなっていいのではないでしょうか!

 

・友達に相談、遊ぶ

睡眠で解消されないストレスの原因もあるかと思います。そんな場合は友達に相談したりして発散するのがいいのではないでしょうか?

気の許す友人と本音で話すことによって日頃のストレスを発散しましょう!

また、たまにはそういった人たちと出かけるのもいいでしょう。

 

・規則正しい生活

普段夜型の生活であったり、食生活が乱れがちな方は特に生活習慣を規則正しくするのは大事ですよね。しかし簡単なことではないです。なので「今日は23時には寝る」など、小さなことから初めて行くことが継続につながるのではないでしょうか。

 

・好きなことに打ち込む・探す

好きなことをする、というのは簡単そうで難しかったりします。大学生は学業やアルバイトなど、本当に忙しいです。その多忙な予定の中でなんとか好きなことに打ち込む時間を作るのはいいことなのではないでしょうか。

ちなみに私は海外旅行やバックパッカー旅行にまとまった休みを利用して行ったりします。

 

・SNSでつながる

自分の好きなことがあっても、これを共有できる人がいない。こんなことはよくありますよね。しかし、今はSNSが非常に発達しており、共通の趣味を持つ人とつながるのは難しいことではありません。SNSを利用して共通の趣味を持つ人と繋がり、日頃のストレスを発散してはいかがでしょうか?

最後に

classroom-1699745_640

いかがでしたでしょうか?

今回はひとり暮らしでよくあるストレスとその原因についてお伝えしました。

ひとり暮らしの学生生活は楽しいばかりではありませんが、感じるストレスをうまく発散して生活を充実させることは難しくないでしょう。上記の対処法は今からでも実行できるようなものもあります。ストレスなどで気分が落ちてしまっている時こそぜひこの記事を参考に自分だけのベストな対処法をお考えになってはいかがでしょうか?