関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

実は住民間で最も多いトラブル「騒音問題」の対策法とは?

the-eruption-2004125_640

「大学の近くで一人暮らしが始まった!だけど家の周りの音が気になる…」

「一人暮らしをすると友達をたくさん呼びたいけれど、周りの住民に迷惑にならないかな…」

 

一人暮らしの大学生活はたくさんのことを経験する事ができます。家事や炊事に加え、友人やクラスメートと部屋に招いたりすることもあるでしょう。そういった時に気になるのが「騒音問題」ではないでしょうか。実はある調査によると、「騒音問題」は住民間のトラブルの中で最も多いとされています。

友人を数人招いて楽しんでいてもその声や音が騒がしいとはなかなか気づきにくいことであるかと思われます。

しかし、いざ自分が勉強等で家で静かに過ごしている時に、隣や上下階の部屋の音が気になって集中できない、というような事態をけいけんするかもしれません。自分が同じ立場にいることが多いなら相手の事も理解できるかもしれません。ですが、もし自分が特に友人を部屋に招く機会がない場合は、騒音問題に悩まされるだけですよね。

自分が騒音問題に悩ませれないようにまずはしっかり対策をしたうえで、しっかり対応していくことが大切ですよね。そこで今回はそんな一人暮らし/部屋選びにおける「騒音問題」の対策を「自分が騒音を出さないための対策」、「相手の騒音に対する対策」に分けてお伝えします。

 

自分が騒音を出さないための対策

cloth-1772173_640

やはり騒音問題は人による問題です。相手の騒音が気になる場合でも自分が原因となってしまう状況もあるかもしれません。騒音トラブルを未然に防ぐためにもあらかじめ自分が騒音を出してしまわないような対策をとることは重要なのではないでしょうか!

 

・防音対策

自分の部屋の防音対策をすることは効果的と言えるでしょう。すぐにもできることは窓を閉めるということです。窓を開けているだけで音の伝わり方は大きくなります。夏の暑い時期などは窓を開けて生活する時間帯が多くなるかもしれませんが、自分が大きい音を出すようなときは窓を閉めてしまうこともいいでしょう。それでも気になるような方は防音テープを用いることもできます。防音テープを利用することによって窓を閉めるだけでは対応しきれない隙間のからの音も防ぐ事ができます。

 

また、窓以外の対策として防音カーテンを活用する事ができます。遮音カーテンとも呼ばれていますが、これは特殊な素材を使用されているため音を遮る力があります。これにより自分の音だけでなく外の車やバイクの音も遮ってくれます。防音カーテンだけでなく、厚手のカーテンに変えるだけでも防音効果がありますので、活用できますね。こういったカーテンは遮音だけでなく遮熱効果もあるため、冷暖房をご使用の際にも活用でき、非常に便利と言えるでしょう。また、歩く音が響くこともありますので、カーペット等の敷物を敷くことも足音を遮る方法の一つでもあります。

 

 

・角部屋を選ぶ

お部屋探しの時点で角部屋を選んでおく事も対策のひとつですよね。例えば両隣にお部屋があるお部屋を選んだ場合、両隣の住人からの音を気にする事になるかもしれません。そうなる前にあらかじめ角部屋を選んでおくと気にする必要もなくなります。

 

・活動タイミングを考える

一人暮らしをしていると生活音が出てしまう事は否めません。お風呂やシャワー、掃除、洗濯などは生活する上で当たり前の活動です。これを避けることはできませんが、これらをするタイミングを考える事はできるかと思われます。もしも学校の授業やアルバイト等で帰りが遅くなり、昼に家事をする事ができなくても、深夜に掃除や洗濯をしないなどの配慮をすることは、お互いに快適な生活を送るたえめにも大切なことでしょう。

 

相手の騒音に対する対策

swim-goggles-622591_640

自分が騒音を出してしまわないようにするための対策は押さえられたかと思います。では次に、近隣の住民が起こす騒音に悩ませれないようにするための対策をお伝えします。自分が起こさないようにする対策と、相手の騒音に悩まされないための対策をとることによって騒音対策から離れられますね!

 

・耳栓

家で勉強や作業をしなければいけない際に周りの音が気になる際、すぐに対応できるのが耳栓になります。費用も安く、手軽に購入する事ができ、場所もとらないため、家に置いておくこともできるのではないでしょうか。

 

・遮音シート、吸音材

これは自分が騒音を出さないためにする対策にもなりますが、遮音シートという、特別なシートを壁に敷くことも効果的です。ただ、見た目は綺麗ではないため、その上に壁紙を貼るなどの対応をするといいでしょう。

 

・管理会社へ連絡する

上記で述べたような対応をしてもまだ騒音が気になってしまうという場合には管理会社へのご連絡することがいいでしょう。アパートの場合は大家さんに当たるかもしれないです。

また、ご連絡の際はどの部屋が、いつ、どんな音が騒音に繋がるのかきちんとお伝えしましょう。直接騒音について文句を言うのはなかなか大変であると思うので、管理会社を頼ることが一番いいでしょう。というのも、同じアパートやマンションにはいろいろな人が住んでおり、中には口論になったりする可能性も否定できません。こういうときにこそ頼ることをお勧めします。

 

最後に

music-307566_640

いかがでしたでしょうか?

今回は一人暮らしの際に起こりうる「騒音問題」に対する対策をお伝えしました。今回は騒音対策の例をご提案しましたがご参考になれば幸いです。

まずは自分のお部屋の対応をしてみることもトラブルや問題の回避につながるかもしれません。学生生活、一人暮らしをすると様々な経験をする事になると思いますが、トラブルのような事に巻き込まれたくはないですよね。そういった対策なども考えながら充実した素晴らしい学生生活を送る事ができればいいですね。ぜひこの記事を参考にして騒音に対する対策をしていただければと思います。