関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

三重大学生必見!! 下宿部屋選びの際に重要な「内見」のポイントとは?

kids-room-275862_640

 

この記事をご覧の皆さんは入学、進級、新学期のタイミングなどで一人暮らしをすることをお考えかと思います。たくさんある部屋の情報を知る中で、

「この部屋にしよう!」とお決めになった方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際に契約に移る前にしておくべきことが1つございます。それが内見です。

 

「内見はするけどスマホで場所もわかるし、部屋の様子もウェブサイトの写真でわかるからあまり気にしていない」「内見したとしてもどんなことを気にすればいいのかわからない」

 

と、お考えの方もいらっしゃるかもしれません。今回はそのような内見がなぜ重要なのか、そして内見する際に気にするべきポイントをお伝えしていきます!

 

 

内見とは?


内見とは内部見学の略で、基本的に気になる物件情報を見つけた際、実際に足を運んでその物件を見て本当にそこがいいのか確認し、自分が借りたい物件かどうか知ることができる機会です。

 

内見が大事な理由は?

内見は一人暮らしをする上で実際に目で見てお部屋を確認できるというとてもいい機会です。書面やネットの情報では載っていない情報や、実際に行って気づいた感覚などを知ることができるので、非常に大事です。また、いくつかお部屋に候補がございましたらそのほかの、お部屋も同じ日、または近い日に内見するべきでしょう。そうすることによって実際に見た感覚で比較することもできます。「あの時内見に行っていればこんなことにならなかった…」というふうに、契約後に公開することのないようにしましょう!

 

 内見をするために必要なことは?


内観はもちろん勝手に行けるものではありません。まず、気になったお部屋を紹介している不動産会社に連絡し、内見をお願いし、担当の方と日程調整をしましょう。その後、内見をすることができます。

 

 内見をする際のチェックポイント

内見の際にチェックするポイントは大きく分けて3つあります。

①物件の周り②物件の中③物件の敷地内の共用部分。ここからはそれらを順に紹介していきます。

① 物件の周り

alley-1846778_640

内見の際にお部屋を確認するのは番重要ですが、物件の周りを確認することも非常に重要です。

  1. 1. バス停や駅、大学までの距離

書類やウェブサイトの情報では「駅から徒歩5分」「大学から徒歩7分」というようなことを記述していることが多いかと思われます。もし時間に余裕があるなら実際に歩いて判断するのもよいでしょう。もし少し遠いと感じた時に自転車を購入するだとか、この物件を諦めるなどの策を考えることができますよね。

 

  1. 2. コンビニなどの商業施設

上記と内容が重なりますが、近くのコンビニやスーパーなどの確認もしましょう。ここがまだ営業中かどうか、また営業時間など、ご自身の生活スタイルに合っているかかどうかは実際に確かめてみないとわかりません。コンビニやスーパーの他に、帰りが遅くなることが多い学生さんにとっては24時間営業のごはん屋さんがあればいいですよね!

 

  1. 3. 大学や駅から家までの道

上記の中でこれが特に重要です。駅や大学など、行き来することの多い道は知っておいたほうがいいでしょう。特に女性の方はも駅や大学までの道が暗かったり、狭かったりすると犯罪に巻き込まれる可能性も高くなりますし、実際に歩いてみたときの雰囲気を感じ取ることでここに住みたいかどうか決めるのもいいでしょう。その他にも、急な坂や階段、大きな道路の騒音などの懸念点を見つけることは実際に内見にいくことでしかわからないでしょう。

 

② 物件の中

内見をする上で物件の中のチェックは1番大事です。ここではお部屋の中でしておくべき最低限のチェックポイントをご紹介します。

1. 部屋のサイズ感

書面やウェブサイトで「〜畳の部屋」を希望されたかと思います。確かん重要な情報ですが、その部屋が十分で満足いく広さを有しているかは行ってみないとわからないことでもあります。しっかりお部屋の広さは確認しましょう。それに加えて、もし実家などから持ってくる家具があれば、それらが置けるのかどうかはしっかり確認しておきましょう。

 

2.電波状況

インターネットは絶対に必要ですよね。もしお部屋の条件が整っていても、お使いの携帯やポケットwifiの電波が悪ければ考え直したくなるかもしれません。お使いのキャリアの電波がしっかり通っているか確認しましょう!

 

  1. 3. 日当たり

下宿先で洗濯をする場合は日当たり状況を確認しましょう。もし日当たりが悪ければ線t買うものが乾くのに時間がかかることになるかもしれません。

 

  1. 4. 壁や天井の厚さ

壁や天井の厚さは一人暮らしするうえで重要ですよね。もし部屋で勉強などがしたいときに壁が薄くて隣の人の声などが極端に大きければ集中もできません。反対に、自分が友人を招いたときにうるさくしてしまうと隣の住人に迷惑をかけてしまうかもしれません。また、天井の足音が目立つこともあるかもしれません。そういった事項を確認するためにはやはり住人が家に言える時間帯である遅めの時間帯の内見を考えるのもいいでしょう!

 

  1. 5. 水回り

水回りとは、ここではトイレやキッチン、お風呂などを指します。それらが清潔に保たれているかは前の住人の使用状況などで影響してきます。しっかり確認しましょう。また、入居して、時間が経過するにつれてカビが生える可能性もあるので、どんな懸念点があげられるかをしっかり比較して考えましょう。それ以外にもキッチンやお風呂場の換気扇がしっかり動くかどうか、水の出方などもチェックしましょうね。

 

③ 敷地内の共用部分

共有スペースはあなたを含めた入居者全員が利用する空間です。共有スペースの状態でどのような人が住んでいるか確認することもできるでしょう。

  1. 1. ポスト

ポストを確認することによって誰が現在入居しているか知ることができます。空き家状況なども把握しおくのもいいでしょう。


  1. 2. ゴミ置き場

特にマンションであることが多いのが24時間捨てることが可能のごみ置き場です。

もし可能でなければ、曜日や時間帯などの情報も知っておきましょう。

 

 

最後に

いかがでしたか?今回はなぜ内見にいくことが大事なのか、また内見をする際に必要な事項を少しまとめました。ぜひ下宿をお考えの際はじこの記事を参考にしてください!

bedroom-421848_640