関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

一人暮らしに反対!?そんな親を説得する方法とは!

「大学で下宿したいのに両親に反対されるのをどうにかしたい!」
「どのようにしたら両親を説得できるんだろう。」
このように大学が決まり、下宿したいけど両親の反対で下宿できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は一人暮らしを反対される場合にどのようなことを意識して両親を説得していくべきなのかについてご紹介していきます。
 

<両親を説得するには>

下宿に反対する両親を説得するには主に3つのポイントを抑えることで下宿を許可してもらえることがあります。今回はその3点について詳しくお話ししていきます。

・生活態度を変えてみる

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_l

そもそもなぜ両親は息子の下宿を反対するのでしょうか。挙げられる理由はいくつかあるでしょう。その中でも「あなたが下宿できるわけない!」と言われた経験はないでしょうか?例えば服などを畳まなかったり、自分の部屋が汚いだけで両親は「自分は独り立ちできない」と決めつけてしまいます。自分が下宿したいと訴えても、このような部分を指摘されて何も言い返すことができなかったことも。でもこの点を指摘された場合は、まずは生活態度を少し意識しておくだけで意外とあっさりと下宿を許可してくれることがあるんです。例えば自分の部屋がゴミ屋敷でもクローゼットが散らかっていても2週間程度綺麗な状態を保ってあげることで両親はすぐ心を変えてくれることがあります。なので、なるべく指摘されてから心入れ替えたことをアピールするようにしましょう。
 

・料金をまずは調べて見積もりを

52645248b2b6529d9f1ca045dd97a92d_m

下宿をしてはいけないといってくる両親で多いのは、金額の問題を提示してくることです。これは実際しっかりご自身で把握してあげないといけません。つまりどういうことかというと、本当に家計がやばいのかそうでないのかをしっかり情報収集をしておくということです。家族で本当に家計が破綻しそうな場合は下宿などといっている場合ではありません。しかし余裕があるけれど下宿費用で下宿が先送りになりそうな場合はまずはご自身でどのくらいの費用がかかるのかを提示してあげましょう。両親としても下宿をした事が無い分、過剰に金額がかかってしまうと思っていらっしゃる方もいます。そのような場合は具体的な費用を見て納得してもらう事ができることもあるので、まずは自分で調べたデータを提示し、プレゼンテーション的な事をして家族みんなに納得してもらいましょう。
 

・定期的に連絡を

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_m

先ほどまでいろんな場合で下宿を認められない場合についてご紹介していきました。しかし一番両親が下宿を認めない理由としてあげられるのは「寂しさ」です。やはり愛娘や愛息子が飛び立っていってしまうことに寂しさを感じてしまう親御さんがたくさんいらっしゃるようです。これは仕方ありません。自分がご両親の立場ならおそらく同じような判断をしているでしょう。しかしその中で、「なるべく連絡をとる」というルールを決めると納得していただける場合があります。例えば、「毎週何曜日は電話する」や「この日に帰る。」など家族間でしっかりルールを決めておくだけで親御さんは安心してくれます。特に近年ではスマホやインターネットが普及する中で簡単に連絡をとることも可能になっています。無料で画面越しに両親と話したりできるのでぜひこの話も提案してみてください。

 
このように3つのポイントについてご紹介していきました。先ほどまでどうすれば下宿をご両親に認めていただけるのかテクニックについてお話ししていきました。しかし、この際にそもそも自分が独り立ちできるのかどうかもしっかり分析するが必要かもしれません。例えば、「自分にお金や時間をマネジメントする能力があるのかどうか」などです。これをしないと「下宿をしたい。」という欲求だけでは万が一下宿できたとしても堕落した生活を送ってしまう可能性があります。自分で何もかもマネジメントできる環境では、どうしてもいろんな欲が出てきてしまいます。食欲や物欲、サボりたい欲などこのような欲にまずは自分が対処できるのかどうかを考えるようにしましょう。

 
<もし下宿できるようになったらどのようなことをしていくべきなのか。>

081911a8bb3b927a5a714896ee009b4a_m

万が一下宿できるようになった場合はどのようなことをしていくべきなのでしょうか。まずは自分の住む場所探しから始めるようにしましょう。特に自分の実家から遠ければ遠いほど、早く住宅を調べる必要があります。入試が終わって結果が出た後で下宿探しをしている場合もかなり急いで宿を探していくことをお勧めします。特に結果発表の時期は合格した人が一斉にマンション探しをする方がほとんどなのでぜひ早い段階で探すようにしましょう。
 
発見できた後は、しっかり自分の足で確かめることも重要です。大学の4年間を過ごすとなると、どうしても快適な住宅で過ごしたいですよね。でもそこの部分がしっかりしていないと大学に入学して住み始めると後悔することになるので注意が必要です。足を運んで満足いった場合は住宅を管轄しているグループか不動産へ連絡をするようにしましょう。私たちの場合は長いお付き合いをしていきたいと考えています。小さなご質問でもお尋ねください。
 
最終的にマンションやハイツが決まった場合は、後は引っ越し作業だけです。いろんな荷物を持っていかないといけないので、入学式の少し前に引っ越しを終わらせておきましょう。そうすることであまり焦ることなく入学式の準備をする事ができますし、早く入居する事で早くから近所付き合いが始まるかもしれません。
 

いかがでしたでしょうか。一人暮らしを反対する両親をどのように説得するのかについて知る事ができましたね。ぜひこの点で悩んでいらっしゃる方はこの記事を参考にしてみてください。きっとお役に立てる事でしょう。もちろん先ほどもお話ししましたが、家計状態なども下宿するかどうかではかなり大きな判断基準になってきます。したいという欲だけではなく、今自分の家族がどのような家計なのかもしっかり把握するようにしましょうね。万が一下宿できるという方は、アザミのハイツをご活用ください。今回はありがとうございました。