関西圏のマンション・ビルの売買・賃貸物件ならアザミグループ

お問い合わせ メニュー

ブログ

大学の下宿探しなら!三重大学から通学が便利な賃貸の選び方とは!?〜距離編〜

d6fca72883ecd0679a15893cfc170022_s

「大学に入学し、下宿するマンションを決めなければ。」

「今住んでいるマンションから一度引っ越ししようかなぁ。」

このように下宿する際にどのようなマンションを決めていけばいいのか、まだ不安に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

今回は下宿マンションをどのようにして決めていけばいいのかに関してお話ししていきます。

 

学校から距離が近いことが一番!

 

これから下宿先を決めていくという中で一番重要視されていることは、実は「距離」なんです。「大学から近い」ということでマンションを選ぶ人が非常に多く、一人暮らしをしている現役大学生の約7割が「距離」を意識してマンションを決めているという結果も。ではなぜ、「距離」を意識してマンションを決める学生さんが多いのでしょう?それには主に3つの理由があります。

 

『朝、ゆっくり支度できる。』

 

大学が始まると、「授業が始まるギリギリまで寝たい」と思う学生さんが多いようです。サークルの飲み会や部活などで夜遅くまで活動することが多い学生さんはどうしても睡眠不足になりやすく、一限が始まる朝8時50分ギリギリまで睡眠を確保できる大学から近いマンションを選ぶ人が多くなっています。では具体的にどのくらいまで睡眠をとることができるのでしょうか。男性の場合、大学から自転車で15分のところにあるマンションに住み、朝の準備に20分かかるとすると、8時まで睡眠を取っても授業が始まる15分前には大学に到着することができます。また女性の場合、1時間の準備時間を確保したとしても朝の7時過ぎに起床すれば、余裕を持って登校することができます。

 

『空きコマを有効活用できる』

 

大学は高校とは違い、自分で授業を選択して授業を受けなければいけません。その中で、「空きコマ」と呼ばれる授業と授業の間にある暇な時間がどうしても発生してしまいます。家から遠い場所に住んでいると、空きコマの時間に自宅に帰ることができず、退屈な時間を過ごさなければならないことも。しかし、大学から近いマンションに住むと、「空きコマ」の時間に自宅に帰ったりできるので、自宅でテレビを見たり課題をしたりして、時間を有効的に活用することができます。

『帰る時間を気にしなくてもいい』

 

大学生活が始まると、飲み会やいろんな活動などで夜遅くまで家に帰れないことがたくさん出てくるでしょう。しかし大学から遠かったり、電車で通っていたりすると終電を気にしなくはいけなくなります。会議やミーティングで自分一人だけ抜けることになりますし、飲み会でも最後までいれず寂しい思いをしないといけないのは嫌ですよね。そうならないためにも、大学から近いマンションに住むことをお勧めします。大学から近いと、帰る時間を気にせず没頭できるので、とても便利になります。

 

このように下宿用のマンションや賃貸を決める中で、「大学から近い」ことが大切だとわかっていただけましたね。でも、「近い」と感じる距離は人それぞれ違うものですよね。次は具体的にどのくらいの通学時間がベストなのかについてお話ししていきます。

 

通学時間は「自転車で20分以内」

 

家から大学までどのくらいの通学時間がベストなのでしょうか。これは、「自転車で20分以内」が最適な時間だと言われています。現役の大学生でも、20分以内の場所に下宿する学生さんが約7割を占めており、20分以上かかる場所に住むとなるとかなり少数派になってしまいます。では、なぜ家から大学まで「自転車で20分以内」の距離が一番ベストだと言われるのでしょうか。その理由は主に2つあります。

 

 理由1 『雨の日に困らない』

 

通学している中で、雨の日に遭遇してしまうこともでてきてしまいます。そんな時、自転車を使って登校しようとしてもできない場面も。自転車で20分以上かかる場所に住んでいる場所だと、バスを使わなくてはならないので時間もお金もかかってしまいます。しかし、「自転車で20分圏内」の場所に住んでいると、徒歩で行ったりして臨機応変に通学手段を変えることができるのでとても便利です。

 

 理由2『友達と一緒に帰ることができる。』

 

先ほども紹介したように、ほとんどの学生さんが大学から20分圏内に住んでいます。なので、夜遅くまで活動していても友人と一緒に帰ったりすることができます。逆に20分以上かかる場所に住んでいると、一人で帰らなければいけない場面もたくさんでてくるので女性の学生さんなどは特に犯罪などに巻き込まれないように注意が必要です。

 

このように「自転車で20分圏内」にある物件が理想的だと言えます。

「でも、大学だけ近くてもなぁ。」

このように大学以外にも近い場所にあると便利なものとは一体なんなのでしょうか。

 

スーパーが近いとさらに理想的

 

実はスーパーやコンビニエンスストアなどの生活する上で必要なお店が近くにあるかどうかも場所選びには大切な要素になっています。飲食店も同様に近い方がいいでしょう。これには2つの理由があります。

 

 その1『生活するため』

 

下宿生活は自分で食事や洗濯などの家事をしていかなければいけません。その中で生活する上で必要なものを調達する必要があります。コンビニエンスストアやスーパー、また飲食店は生活していく中で欠かせない場所なので、近ければ近いほど便利に活用することができるでしょう。

 

 その2『仕事するため』

 

大学生といえば「アルバイト」をイメージする人も多いのではないでしょうか?基本的にアルバイトはスーパーや飲食店などが大半を占めています。なのでスーパーや飲食店などが近い場所にあると、通勤時間を少なくすることができるので仕事する時間も増え、効率的にお金を稼ぐことができますよ。

 

このようにコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどからも近いことは物件選びには大切なことだとわかりましたね。三重大学へ入学される方でまだ下宿先を決めていないという方!大学から徒歩20分圏内でスーパーマーケットなどの商業施設からも近いグランドハイツアザミにぜひ足を運んでみてください!グランドハイツアザミなら、大学から自転車を使って15分圏内でスーパーなどからも近く便利に住むことができます。

 

三重のマンションをお探しの方はこちら

三重のマンションをお探しの方はこちら

スクリーンショット 2017-02-03 9.20.03